2011年 5月8日~12日 南紀の旅

久しぶりにmo-chan号で旅に行ってきました。

残念ながら天気は予報通りの雨で、予定を早めて帰宅(涙)
気晴らし旅のはずが欲求不満の旅となってしまいました。
ま~こんな時もありますよネ!

今回は、短い日程なので三重・和歌山県の南紀を選びました。
予定としては、伊勢志摩~串本~白浜でしたが串本の本州最南端『潮岬』一歩手前でUターン。

写真の枚数も219枚と超少ない!(いつもは、どんだけ~)
また機会があったら南紀の旅リベンジしてみたいです。

Uターン場所
c0127663_14513564.jpg








5月9日(月)
前日の午後2時過ぎに横浜を出発し、伊勢湾岸自動車道の刈谷PAで車中泊。
伊勢自動車道の伊勢西ICで降りて、最初の観光地『伊勢神宮 内宮』へ向かいます。

駐車場からの地下道
わくわく・・・
c0127663_1502996.jpg


期待は『伊勢神宮』ではなく『おかげ横丁』ですが、参拝した帰りに寄ります。
c0127663_1521867.jpg


『祭主職舎』の屋根
c0127663_1552277.jpg


まだ人通りも少ない『おはらい町通り』(午前9時過ぎ)
c0127663_1562816.jpg


郵便局も街並みに合わせた入り口。もちろん中は普通。
c0127663_1593360.jpg


腹ごなしに『宇治橋』を渡って『伊勢神宮』参拝!
c0127663_1511790.jpg
c0127663_15112479.jpg

c0127663_1511449.jpg


手水舎(てみずや)で、お清めのお作法をご教授していただく・・・
一、右手でひしゃくを取って、水を汲み、それをかけて左手を清めます。
二、次に、左手にひしゃくを持ちかえて、右手を清めます。
三、再びひしゃくを右手に持ちかえて、左の手のひらに水を受け、その水を口にいれてすすぎます。
  この時、直接柄杓に口をつけてはいけません。
四、すすぎ終わったら、水をもう1度左手に流します
五、使った柄杓を立てて、柄の部分に水を流してすすぎ、元の位置に戻します。

初めて知りました(汗)
c0127663_15133874.jpg


お伊勢参りの方々
c0127663_15193456.jpg


さて階段を上がり『御正宮』にて参拝します。
写真は撮れません(涙)
c0127663_15225685.jpg
c0127663_15231880.jpg


参道の樹齢数百年の大杉が立派!
c0127663_15253687.jpg


参拝客がおさわりするのでテカテカ
c0127663_15263260.jpg


伊勢神宮の建物は、『神明造り』という高床式なんだって!
c0127663_15295031.jpg


『神楽殿』の立派な屋根
c0127663_15305672.jpg


池の錦鯉が見事だったので・・・
c0127663_15321878.jpg


おはらい町通りも賑やかになってきました。
c0127663_1533223.jpg


こちらが『おかげ横丁』入り口
c0127663_10511629.jpg


賑やかでお祭りの屋台が並んでいる雰囲気かな?
c0127663_10554135.jpg

c0127663_1056354.jpg

c0127663_1134328.jpg


おみくじです!
c0127663_1058533.jpg


おかげ座
c0127663_1103221.jpg

c0127663_1059473.jpg


のんびり寝てる猫もいる・・・
c0127663_1101076.jpg


招き猫
c0127663_1114716.jpg


カラー招き猫
c0127663_113135.jpg


おかげ横丁の屋根には、いろんなやつらがいる!
c0127663_1154920.jpg

c0127663_1164295.jpg
c0127663_117092.jpg



腹ごしらえ
c0127663_1173438.jpg


志摩の漁師が釣って魚の切り身をご飯といっしょに手でこねて、船上で食べたのが
『てこね寿司』のルーツらしい・・・
期待してたけど普通でした(残念)
五十鈴川を眺め窓から入る涼しい風が入る2階の座敷は良かったです!
c0127663_11122722.jpg


そしてデザートは、こちら!
c0127663_11133633.jpg


8個入りをゲット
c0127663_11152310.jpg


お茶をいただきながら店内で食べれますが、おなかいっぱいなのでお持ち帰りにしました。
晩にmo-chan号で食しましたが、出来立てはとってもマイウ~です!
c0127663_11163324.jpg


通りの裏側は五十鈴川の清流がさわやか
c0127663_11383096.jpg

c0127663_1138529.jpg


これも食べたかったナ~(ぼそ)
c0127663_11401914.jpg


赤福号です。
ちょっと判りにくいですが車体の横はピンクでmo-chan号の親戚っぽい!
c0127663_9422336.jpg



伊勢を後にし、志摩に向かいます。
途中の『的矢湾大橋』(まとやわんおおはし)です。
c0127663_114654100.jpg


手前に駐車場があります。
カワユイmo-chan号!
c0127663_11482183.jpg

c0127663_11491756.jpg


『大王崎灯台』(だいおうざきとうだい)
c0127663_9482966.jpg


大王崎の美しい風景は、多くの画家たちにも親しまれ「絵かきの町」として有名
だそうですが、曇っていて・・・
c0127663_9485478.jpg

c0127663_9501751.jpg

c0127663_9503718.jpg

c0127663_9512296.jpg


美しい夕日が見れるスポット『ともやま公園』
c0127663_9531371.jpg


晴れてる日の夕方を思い浮かべ・・・
c0127663_954115.jpg


5月10日(火)
道の駅 伊勢志摩 にて宿泊し、本州最南端串本の『潮岬』に向かいます。

途中、熊野灘臨海公園内にある道の駅『紀伊長島マンボウ』
c0127663_10005.jpg


広々とした芝生もあり、車中泊も快適そう!
c0127663_1014770.jpg

c0127663_1012169.jpg
 

変な靴下のオバハン
c0127663_1024297.jpg


真空パックの干物など、地元の海産物や野菜販売があり、
気に入ったので行きと帰りに寄りました。
c0127663_1054080.jpg



クライミング岩場がある『楯ヶ崎』です。
c0127663_1083911.jpg


遊歩道の先には大岩壁があるのですが、40分かかるのと、強風、そして大きな蜂に
阻まれ見学を断念・・・

周辺の景色はGood!
c0127663_1012762.jpg

c0127663_10123425.jpg


楯ヶ崎の先に美しい海岸があり立ち寄ってみました。
『新鹿海岸』(あたしかかいがん)
c0127663_10181861.jpg


南国っぽい!
c0127663_1019214.jpg

c0127663_10191833.jpg

c0127663_10194167.jpg


あまり期待していなかった『鬼ヶ城』(おにがじょう)
鬼の見晴らし台だそうです!
c0127663_10222874.jpg


伊豆とは全然違う岩質
c0127663_10272475.jpg


おお・・・
c0127663_10232175.jpg


すばらしい前傾壁!
c0127663_10284361.jpg


ルーフだ~!
c0127663_1030279.jpg


登りて~
c0127663_10314576.jpg

c0127663_1032169.jpg


栓抜き?
c0127663_1033735.jpg


奥にはスラブも・・・
c0127663_10334238.jpg


いや~盛り上がりました!!!
c0127663_10341880.jpg


クライマー以外の観光客には、あまり興味がない岩場かも・・・

クライマーの皆さまへ
因みに石英粗面岩というもろい岩なので、残念ながら登れません!
c0127663_10372772.jpg



そして本日の目的地、そして今回の旅の折り返し地点(やむなく・・・)
『橋杭岩』
c0127663_10434085.jpg


なんだか不思議な光景
c0127663_10452384.jpg


この岩の伝説
c0127663_10513811.jpg

c0127663_1052890.jpg


そして、ついに雨が強く降り始め、これから数日間は大雨の天気予報。
苦渋の決断で帰路につくことに決定!

これからがメインの観光だったのですが・・・(涙)

5月11日(水)
早朝、橋杭岩の駐車場を後に帰路へ
静岡県の道の駅『潮見坂』に一泊し、翌日の5月12日(木)に無事帰宅


まあ、こんな時もありますよね!
次は何処に行こうかナ~

さんま寿司はおいしかったヨ!
c0127663_1057674.jpg





おわり
by gakujin-18 | 2011-06-01 11:14 | | Comments(0)
<< 2011年 6月2日 Base... 2011年2月14日 城ケ崎ク... >>